HOME > よくある質問と答え

よくある質問と答え

Q1 学校は何時に始まるのですか?
毎日8時30分が始業時間です。8時30分から10分間、SHR(ショートホームルーム)と呼ばれる連絡などの時間がありますので、5分前の8時25分までに登校することになっています。1限目の授業は8時50分から始まります。交通事故などの危険を避けるために、余裕を持って登校するように指導しています。ほとんどの生徒が、落ち着いて授業を受けることができるように、7時50分から8時15分頃に登校しています。
Q2 通学方法について教えてください。
8時30分が始業時間です。8時30分から10分間、SHR(ショートホームルーム)と呼ばれる連絡などの時間がありますので、5分前の8時25分までに登校することになっています。

自転車通学の場合
徒歩と自転車の通学区域を分けていませんので、誰でも自転車で通学できます。両立スタンドと後輪の上に荷台がついた自転車で通学することになっていますが、細かな規則はありません。変速のギアがついている自転車も使用できます。入学前に説明を致しますが、一般に通学用とされている自転車であれば、使用できると考えていただいてかまいません。近鉄を利用している生徒たちの多くが、東松阪駅から自転車で通学しています。所要時間は15分ほどです。

バスの場合
松阪駅からバスで通学をする場合は、パークタウン学園前、または梅村学園前行のバスを利用してください。所要時間は20〜30分です。三重高校前で下車すれば、三重中学校は目の前です。登下校時には、学校まで直行の臨時バスがありますので、それに乗れば、さらに便利です。

近鉄利用の場合
名張方面から
名張駅 → (急行) → 伊勢中川駅(乗換) → (普通) → 東松阪駅
6時41分        7時20分/7時28分           7時43分

名張駅 → (急行) → 松阪駅(乗換) → (普通) → 東松阪駅
7時12分      8時01分/8時03分         8時05分
(この電車を利用し、松阪駅で下車し、バスに乗るのは始業時間に間に合いません。東松阪駅から、自転車で通学する場合はギリギリ間に合いますが、時間的な余裕が十分ではありませんので、日常的な利用はおすすめできません。)

鳥羽・伊勢方面から(近鉄)
鳥羽駅 → (急行) → 宇治山田駅 → (急行) → 松阪駅
7時11分          7時31分           7時47分

鳥羽駅 → (普通) → 宇治山田駅 → (普通) → 東松阪駅
7時23分          7時38分            8時05分

宇治山田駅    →   (急行)   →     松阪駅
7時05分                       7時22分

宇治山田駅 → (普通) → 東松阪駅 → (普通) → 松阪駅
7時14分            7時38分           7時41分

宇治山田駅 → (普通) → 東松阪駅 → (普通) → 松阪駅
7時24分            7時53分           7時56分

津方面から(近鉄)津駅 → (急行)→ 久居駅 → (急行) → 伊勢中川駅 → (急行) → 松阪駅
7時13分                7時20分        7時26分         7時33分

津駅 →(普通)→ 久居駅 →(普通)→ 伊勢中川駅 →(普通)→ 松阪駅 →(普通)→ 東松阪駅
7時24分     7時32分    7時38分/7時45分 7時54分/8時03分    8時05分

JR利用の場合
JR利用する場合は、徳和駅が最寄り駅になります。
徒歩では25分ほどかかります。自転車ですと10分ぐらいです。

津方面から(JR)
津駅  →  高茶屋駅 → 松阪駅 → 徳和駅
6時49分  7時01分   7時18分  7時22分

津駅  →  高茶屋駅 → 松阪駅 → 徳和駅
7時25分  7時34分   7時52分  7時56分

多気方面から(JR)
三瀬谷駅 → 相可駅 → 多気駅 → 徳和駅
6時57分   7時24分  7時33分  7時38分

(列車の運行時間は変更になることがあります。入学までにご確認ください。)
Q3 三重中の授業は進むのが速いのではありませんか?
授業がどんどん進むように感じられますが、それは授業時間数の多さによるものです。授業の数が多いので、急いで授業を進める必要がありません。十分な時間をかけて授業を進めることができます。1時間当たりの授業内容は多くありませんので、理解の確認をしながら授業を受けることができます。
Q4 国際化の時代になっていますが、それに対応した授業や行事はありますか…?
もちろんです。みなさんの将来を考えた時、国際化は避けて通ることはできません。授業では、英語が中心となって国際理解を進めています。英語の導入期となる1年生の授業では、イギリス人の先生が海外で発行された会話用のテキストを用いたり、ゲームなどを取り入れたりして、アイデアあふれる楽しい授業をしています。2年生・3年生でも年間を通じて英会話の授業があります。本校で英語の授業を受け持っているイギリス人の先生は、日本の授業形態や生徒の雰囲気をよく理解しており、自然な雰囲気で授業を受けることができます。語彙だけでなく、発音や文法も含めて、イギリス英語とアメリカ英語の違いにも触れる授業は、得がたいものです。中学3年生では、オーストラリアの姉妹校との短期交換留学、高校になると、1年生ではオーストラリアへの語学研修、2年生は短期交換留学の機会があります。楽しみにしていてください。
Q5 土曜、日曜はお休みですか?
学園祭などの特別な場合を除いて、日曜日・祝日はもちろん休みです。でも、土曜日は、原則として月に2度、午前中に4時間、通常の授業があります。
Q6 独自の学習、または行事はありますか?
教科学習の範囲にとらわれずに、この時期の生徒たちは幅広い知識を身につけることが大切だと考えています。芸術鑑賞会もその一つですが、本校独自の取り組みとして「ユメタン選手権」「海の調査(松名瀬海岸)」「放射線講座」などがあります。こうした取り組みは、生徒の関心や興味を引き出し、自分の将来や社会との関わり方を考える上でたいへん有意義だと考えています。
Q7 うちの子が授業についていけるか、心配です。
授業の数が多いので、十分な時間をかけて授業を進めることができることと、1回の授業で学習する内容が、それほど多くないことは、前にお答えしたとおりです。宿題も特に多いということはありません。学習したことを家庭で見直して、きちんと理解できるように心がければ、学習が遅れる心配はありません。細かいテストや問題練習などによって、個々の学力差が大きくならないように、理解が不充分な箇所がそのままにならないように、学校としても努力をしています。理解に時間がかかる場合でも、頻繁に行なわれる補習や追試などで、学習する機会を多く持つことができます。毎日の授業は無理のない範囲で進みますから、家庭学習に多大な時間を要することもありません。授業で習ったことの確認を心がければ、学力面で遅れることはありません。ご安心ください。
Q8 クラブには、必ず入らなくてはいけませんか?
クラブ活動は強制加入ではありません。自由参加です。どのクラブも、なごやかな雰囲気で練習をしています。上級生と下級生の関係もよく、新入生でも上級生と同じように練習に参加できます。学校としては、できるだけクラブ活動に参加してほしいと考えています。
Q9 三重中は勉強のイメージが強いのですが、運動クラブは活発に練習しているのですか?
教科学習の範囲にとらわれずに、この時期の生徒たちは幅広い知識を身につけることが大切だと考えています。芸術鑑賞会もその一つですが、本校独自の取り組みとして「ユメタン選手権」「海の調査(松名瀬海岸)」「放射線講座」などがあります。こうした取り組みは、生徒の関心や興味を引き出し、自分の将来や社会との関わり方を考える上でたいへん有意義だと考えています。