HOME学校行事 > 星の観察をしよう 松阪市天文台(観望会)

星の観察をしよう 松阪市天文台(観望会)

 12月15日(土)午後7時〜9時、3年生の希望者28名が、中部台運動公園内の松阪市天文台で毎週行われている観望会に参加しました。中学3年生の理科の授業の中で、天体の学習を行いますが、実際、天文台での天体観測の経験者はほとんどなく、星を観ることを身近に考えてほしいと考え、企画しました。
 経験豊富な指導員の4人の先生の操作・解説で大型望遠鏡や双眼鏡にて、月、接近中の火星、天王星、アンドロメダ銀河(M31)、オリオン大星雲(M42)、昴で知られているプレアデス星団 (M45)を次々と観察しました。晴天に恵まれ、また空気も澄んでくる季節でもあり、最高の日和で、月のクレーターがくっきり観えたり、肉眼では数個の星しか観ることができない昴が、多数の星に観えたりしました。また、生徒達は高度な設備が搭載されている望遠鏡により、星の日周運動によるズレを望遠鏡が補正してずっと視界内に星が見える事に驚いていました。
 これを機に、個人でも積極的に参加してほしいと思います。

松阪市天文台 
(http://www.city.matsusaka.mie.jp/taiiku/tyuubudai/shisetsu/tenmondai/tenmondai.htm

写真をクリックすることで拡大した写真をご覧いただけます。