HOME > 最新情報[創立50周年記念碑に案内板が設置されました]

最新情報

創立50周年記念碑に案内板が設置されました


記念碑と案内板

3月に除幕式があり、その後周囲に小庭園がつくられた創立50周年記念碑に、11月9日(金)案内板が設置されました。文面は次の通りです。
「記念碑
梅村学園は享保元年(1716年)水戸の清信塾に端を発し、日本有数の総合学園として発展を遂げてきました。昭和三十六年松阪の地に三重高等学校を、翌三十七年に三重中学校・松阪女子中学校・松阪女子高等学校を設立し、以後地域の中等教育に貢献してきました。平成六年の統合を経てここに、三重中学校・三重高等学校は創立五十周年を迎え、記念碑に一字を刻し、学園精神の堅持高揚を期すことにしました。平成二十三年三月十一日わが国は未曾有の震災に見舞われました。梅村学園は、被災された多くの人々との絆を心に、今後さらなる教育活動の発展に邁進しなければなりません。私たちは記念碑の刻字に「絆」を選び、創立五十周年記念事業の結びとしました。
平成二十四年三月吉日
創立五十周年記念事業実行委員会」

(2012/11/09)