HOME

沿革

法人の沿革

学校法人三重高等学校は、平成30年(2018年)4月1日より学校法人梅村学園から分離独立し、三重高等学校、三重中学校、梅村幼稚園の3つの教育機関を擁する法人として新たに設立しました。

また、同じ学祖を持つ梅村学園とは建学の精神、校訓を共にしており、包括協定を締結し友好関係を続けていきます。

史略

大正11年9月
中京商業学校創立準備開始
昭和26年3月
中京商業学校創立準備開始
昭和36年3月
三重高等学校設置認可。
昭和36年4月
三重高等学校開校。4月3日入学式。松阪市立第五小学校の一部を仮校舎として授業開始。8月現在の地に本館完成移転。初代校長 梅村清明就任
昭和37年3月
三重中学校、松阪女子高等学校及び松阪女子中学校設置認可
昭和37年4月
三重中学校、松阪女子高等学校及び松阪女子中学校開校
三重中学校初代校長 梅村清明就任。松阪女子中学校初代校長 梅村すみ子就任
昭和38年12月
松阪女子短期大学設置認可
昭和39年12月
松阪女子短期大学附属梅村幼稚園設置認可
昭和40年4月
松阪女子短期大学附属梅村幼稚園開園。初代園長 梅村すみ子就任
昭和46年4月
三重高等学校特別教室を主体とする鉄筋コンクリート四階建増築工事完了
昭和49年4月
三重中学校は松阪女子中学校と統合して男女共学となる。
昭和50年4月
新望湊館(3階建)竣工
昭和52年4月
三重中学校2学級募集(定員300名)
昭和54年1月
望湊館増築、同体育館竣工
昭和57年4月
松阪大学開学。初代学長 梅村清明就任
昭和58年3月
三重高等学校体育館完成
昭和60年4月
男女共学2学級の中高一貫教育発足
昭和63年10月
オーストラリアのBGGSと姉妹校提携(松阪女子高等学校)
昭和63年12月
オーストラリアのACGSと兄弟校提携(三重高等学校)
平成2年2月
三重県高等学校総合体育大会20連勝記念碑建立
平成4年4月
三重中学校3学級募集(定員405名)
平成5年3月
三重高等学校1号館完成
平成6年4月
三重高等学校・松阪女子高等学校統合。男女共学の三重高等学校として発足
平成8年3月
三重高等学校5号館増築完成
平成9年12月
三重高等学校、三重中学校全教室に空調設備完成
平成13年1月
ISO14001取得
平成17年4月
三重中学校4学級募集(定員420名)
三重高等学校6号館、8号館完成
松阪大学、松阪女子短期大学及び同附属梅村幼稚園を三重中京大学、三重中京短期大学部及び同附属梅村幼稚園に校名変更
平成20年3月
三重高等学校2・3号完成。第2体育館完成
平成20年4月
三重中学校、5号館に移転
平成23年10月
三重中京短期大学部閉学(廃止認可)
平成23年11月
三重高等学校・三重中学校、創立50周年記念式典挙行
平成25年3月
三重高等学校第50回卒業式
平成25年4月
三重中学校、TOP35導入
平成25年12月
三重中京大学閉学(廃止認可)
平成26年3月
三重中学校第50回卒業式
平成30年4月
学校法人三重高等学校設立(梅村学園から分離独立) 初代校長 梅村光久

校歌/応援歌

三重中学校校歌

作詞 梅村清明 作曲 林功美

三重高等学校校歌

作詞 梅村清明 作曲 水野久一郎

三重高等学校応援歌

作詞 梅村清明 作曲 川島博

TOP